重合ポリフェノールには、脂肪の吸収を抑える効果がある!?

お茶.jpg


最近、特定保健用食品の黒ウーロン茶って、よく見かけるようになりましたよね!


”何でも、ダイエット中に良い!らしい・・・”


という、私も、そんな大雑把なイメージしか持っていなかったので、


ちゃんと、その有効成分や効果についても調べてみることにしました。


まず、最も有名なのが、サントリーの黒ウーロン茶ですね~!




💡ポイント!

この黒ウーロン茶に含まれる”重合ポリフェノール”という成分が、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるので、食後の血中中性脂肪の上昇を抑えるとともに、体に脂肪がつきにくいという特徴を持っているそうです。


また、

”重合ポリフェノール”とは、茶葉を半発酵させる過程でカテキン類が結合(=重合)した、ウーロン茶特有の成分のこと。色の濃い成分です。黒烏龍茶の色が黒いのは、ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)を含んでいるから



とあります。

サントリーのHPには、次のように書かれていました。


「黒烏龍茶OTPP」は、独自の製法によって、脂肪の吸収抑制効果がある「ウーロン茶重合ポリフェノール(=OTPP)」を多く含んでいます。ヒト試験では、食事と一緒にOTPP強化ウーロン茶を飲むと、飲まなかった時に比べて、食後の血中中性脂肪の上昇が約20%抑制されるという結果が出ました。
santori-nogurafu.jpg




また、「ウーロン茶重合ポリフェノール」は、血中中性脂肪対策だけでなく、体に脂肪がつきにくくしてくれる効果もあるようです。

santori-nogurafu2.jpg
各2つのグラフの引用元:「サントリー」よりーhttps://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/about/


実験は、「黒烏龍茶OTPP」を食事と一緒に1回1本(350ml)、1日2本を継続して飲むと、飲まなかった時に比べて体に脂肪がつきにくいという結果の数値です。


このような成果が認められ、消費者庁より、特定保健用食品としての表示が認められたわけです。


だから、ダイエット中の飲み水やお茶を、サントリーの「黒烏龍茶OTPP」にするとよい!


という評判が広がっていったみたいです。


また、ダイエット以外にも、健康診断で血中の中性脂肪が高めと言われた人にもお勧めなお茶ということにもなります。



しかし、黒ウーロン茶一日2本というのは、実際、継続するには少し金銭的にキツイと思われる方もあるのではないでしょうか。



ほかにも、重合ポリフェノールの含まれたお茶を探してみることにしました。


すると、国産のプーアール茶で、家庭で煮出して飲める重合ポリフェノールを含んだお茶の葉を見つけました。



このダイエットプーアール茶【茶流痩々】の評価や特徴としては、

1.静岡県知事賞・最優秀賞

2.農林水産省総合食品局長賞・準グランプリ

3.しずおか食セレクション認定

4.世界農業遺産認定された伝統農法でお茶を生産

5. ポリフェノールが中国産の1.7倍!

6. 「ミネラル、ビタミンB,A,E」からだに嬉しい成分がたっぷり含まれています。


といったことが挙げられます。

初回のお試しが、5g×10個入=10リットルで作れて、980円というお手頃価格なので、一度試してみるといいかもしれません。

しかも、定期購入ではないので、安心してお試しできます。


このように、ポリフェノールと言っても、抗酸化作用を目的にしたものほかに、ダイエットや健康にも良い摂取もあるということが分かりました!



この記事へのコメント